ニックネーム:河内のターザン
性別:男性
都道府県:大阪府
羽曳野市の元市会議員です

»くわしく見る

バイオグラフィー
2015年02月24日(火)
【米朝関係】米国が仕込んだ北朝鮮のエリート集団



http://www.mag2.com/p/news/7354




北朝鮮は、米国と裏でつながっている・・と思っていたが、


一体となって他を欺きながら、ならず者の野望を展開していた・・


敵対とする国に、自国のエリートを留学させている現実!


ユダヤマフィアの野望は、


もう世界に通用しなくなってきている(^_^)/


ロシアのプーチン大統領は全てご存じなんだろう!

2015-02-24 13:29 | 記事へ | コメント(0) |
| 国際政治 |
2014年09月01日(月)
オランダ、嘘ついたことをプーチンに謝る
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_08_31/276649929/





© Photo: RIA Novosti/ Alexei Druzhinin


オランダのプロフェッサー、シス・ハメリンク氏がロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏に宛てた書簡が欧州メディアの注目を集めている。オランダの知識人・大学人数十人の署名入りの手紙だ。彼らはロシア大統領に対し、ボーイング、シリア、ウクライナに関する嘘を詫びている。


「我々、力なきウォッチャーは、米国を筆頭とする西側諸国が、自分たち自身の犯罪についてロシアを非難したことの、目撃者だ」。

「我々は全ての希望をあなた様の賢明さにかける。我々は平和を望む。我々は、西側諸国の政府が民衆に奉仕するのでなく、新世界秩序のために働いているさまを目の当たりにしている。主権国家の解体と無辜の幾百万の死、これこそが、彼らがその目的を達するために支払わねばならぬ対価であるらしい」。

Dni.ru

続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_08_31/276649929/

2014-09-01 21:16 | 記事へ | コメント(0) |
| 国際政治 |
2013年05月25日(土)
「戦争のカラクリ」

イスラエルをパレスチナに建国したのも、

911自作自演でテロとの戦いを造りだし、アフガニスタン・イラクを侵略しフセインを殺害したのも、

カダフィを独裁者と糾弾して弾圧から民衆を解放するとしてリビアを侵略したのも、

今またシリアやイランに難癖をつけてを侵略しようとしていることも、

古くは『ワーテルローの戦い』も、

戦争は全て、金融屋がボロ儲けをするために起こされている

ということを、皆さんはご存じだろうか?

 TPPも、同じ金融屋が、戦争産業ではなく、グローバル企業を引き連れて、武力侵略ではなく

資本侵略で、日本を丸ごと食ってしまおう

というものだから、構造的には同じである。

安倍氏は食ってくださいと差し出した売国首相である。




 下の動画では、戦争のカラクリをルイス・ファラカン師(米国最高のイスラム指導者)が、わかりやすく説明しているので、ぜひともご覧ください。

http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-04de.html



2013-05-25 20:34 | 記事へ | コメント(0) |
| 国際政治 |
2013年05月03日(金)
本者と偽者の記者会見

TBS vs プーチン大統領 【日露共同記者会見】


http://www.youtube.com/watch?v=wwPCYeeNhkM&feature=player_detailpage




 
示し合わせていると思われるTBSの質問者と安倍総理。
見事に、何もかも建前外交の役者と見抜いているプーチン大統領。


プーチン大統領は、柔道五段の黒帯武道家だ。
かつて、来日の折り、講道館より六段の昇段を!との言があったそうだが、プーチン大統領は、

「実力がないのに六段は頂けません。」

と丁重に断ったそうだ。


この記者会見動画を見ると、
本者と偽者が明快に読み取れる。

浅薄至極な傀儡総理 VS 武士道に通達した主体性ある大統領

米国に隷属した日本の傀儡総理(ロボット総理)の本質を知り尽くしたうえで、国を背負った責任者の主体性を披露した本物大統領の心意気が見て取れる。


7月の参院選で勝つための、本筋ではない布石をと、台本を演じる偽総理に心を打つモノは微塵もない。

ああ、情けなし!


2013-05-03 21:35 | 記事へ | コメント(7) |
| 国際政治 |
2013年03月29日(金)
最悪な間違いだった...(目覚めはじめたアメリカ兵)



http://www.youtube.com/watch?v=R4Z1avRGWiU&feature=youtu.be


アメリカを支配するユダヤ金融資本のゴロツキ共に騙されて、アフガン、イラクに出兵させられた帰還兵たちが、暴虐無慙なこのゴロツキ共の意図に気付き、知らずに行った残虐な行為を懺悔する集会の模様だ!

NATO会議の敷地へ、従軍懸賞メダルを投げ返す元兵士たち!

そのそも、9・11が、アフガン、イラクへ出兵する理由づけのために、アメリカ自身が仕組んだ大猿芝居であった。

ゴロツキ共の同胞であるビン・ラディンを悪者に仕立て、ゴロツキ共の莫大な負債を有耶無耶にするため、一切の証拠をツインビルの破壊、第7ビルの破壊、ペンタゴンの局部破壊で成し遂げ、アフガンの麻薬栽培を復活させ、イラクの石油資源を強奪した。

この我欲に狂うゴロツキ共のため、正義と思い込んで戦わされた米兵たちも気の毒だが、アフガン、イラクの罪なき多くの民衆の犠牲をこの狂いきったゴロツキ共は何とも思っていないのだ。

ここに来て、やっと真実に覚醒したアメリカの民衆と元兵士たち!

極悪の巣であるCFR(外交問題評議会)も、民衆の覚醒によって解体せられる時の近いことを願ってやまない!!


2013-03-29 00:32 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 国際政治 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/taazan/trackback/53/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2013年03月25日(月)
良心の呵責が激しいのか!安倍傀儡首相!
無理やり国民の意思に反する政治を執りつづけなければならない傀儡ロボットの安倍首相。

国民は騙せても、身体に吹き出す因果はどうしようもないか!?

政治家として善を誠実に全身全霊取り組んだら、恐らくそんな病は吹っ飛び、眼に輝き、言動に迫力が出てくること間違いない!

総理大臣なら、国民のため一身を投げ打て!!



持病が悪化か 安倍首相がすがる「ラドン吸入器」

ゲンダイネット
2013年03月18日07時00分
http://news.livedoor.com/article/detail/7508541/

持病の「潰瘍性大腸炎」が悪化しているのか。

 国会審議中になんどもトイレに行くために、野党サイドから「首相が閣僚席を離れる時は審議を止めて欲しい」と異例の要請をされてしまった安倍首相。10分、20分というわずかな時間もガマンできずにトイレに飛び込んでいる。

「5年前、潰瘍性大腸炎が悪化して下痢が止まらず総理のイスを放りだした首相は、その後、アサコールという特効薬が誕生したことで症状が改善したといいます。ただ、潰瘍性大腸炎は完治しない難病。また悪化しているのかもしれません」(政界関係者)

 持病を抱える首相が、いま頼っているのが「ラドン吸入器」という特殊な健康装置。2年前、昭恵夫人が九州の医大教授からすすめられ、使うようになった。3月下旬に私邸から公邸に引っ越す首相は、公邸にも「ラドン吸入器」を持ち込む予定だという。

「ラドンは放射性物質の一種です。首相が使っている装置は、200万円という高額なもの。装置から発生するミスト状のラドンを口から吸い込み、血液を介して全身に行き渡らせる。通常は、1日6回、1回10分を目安に吸入するそうです」(官邸事情通)

 ラドンを吸入することで免疫力が高まるそうだが、放射性物質を吸い込んでも害はないのか。装置を販売している神奈川県の会社に聞いた。

「安倍首相が利用されているかどうかは、お答えできません。ただ、ラドンは潰瘍性大腸炎、アトピー、リウマチ、花粉症など免疫異常の病気に効果があるとされています。とくにミスト状にして吸い込むと効果が高いといわれている。老化や病気の原因とされる活性酸素を抑制するともされています」(担当者)

 昭恵夫人は、忙しくなった首相がラドンを吸入する時間がなくなったことを心配しているそうだ。それにしても、体調に不安を抱え続ける人物がトップで日本は大丈夫なのか。

(日刊ゲンダイ2013年3月15日掲載)


2013-03-25 13:36 | 記事へ | コメント(2) | トラックバック(0) |
| 国際政治 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/taazan/trackback/48/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2013年03月14日(木)
ならず者に支配されている米国は終焉するのか!

アメリカ歳出強制削減 両党合意に達せず、経済への悪影響は必至

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00241415.html

アメリカの国防費など歳出の強制削減のスタートが現地時間の1日に迫る中、民主・共和両党は、合意に達せず、アメリカ経済への悪影響は必至の状況となっている。

10年間で、1.2兆ドルの赤字削減をどう行うか、年初めに先延ばしにした課題で、両党は、またしても合意できないとみられ、アメリカ政治は、宿題を期日までに提出できない劣等生ぶりを露呈している。

オバマ大統領は、歳出削減だけでなく、税控除を減らすなどし、10年間で5,800億ドルの追加の歳入を見込む計画を提案しているが、「財政の崖」回避の際に、高所得者層の増税を許した共和党は、さらなる税収アップは許さないとして、一切妥協しない構え。

オバマ大統領は1日、両党の議会トップと最後の協議をするが、まとまる様子はない。

歳出削減により、75万件の仕事がなくなり、成長率で0.6%落ち込むと予想され、経済への悪影響は必至となっている。

また、別の大きな課題も待っている。
2012年度予算が成立していないアメリカは、現在、2011年度の予算額が、そのまま適用されているが、これが3月27日にはストップし、この日までに、民主・共和両党が回避策を講じない場合、連邦政府に一切の予算が降りず、政府機関が一斉休業する事態も予想される。

まとまらないアメリカ政治は、ますます混迷を極めている



一切重大ニュースを報道しないメディアだが、いつまでも国民をだまし続けることが出来なくなってくるのでは?
米国ユダヤ金融資本の言いなりに政策を進めて来ている、米国の従属国日本は、TPP、消費税増税、原発再稼働さらには憲法改変、徴兵軍事国家、極東戦争遂行へと向かわせられようとしている。

しかし、ならず者の寄生先のアメリカ本体を崩壊させてしまっては悪事も終焉を迎える。そうなれば寄る辺を失い抜け殻となった日本政治は、悪魔の蹂躙から覚醒して、真の独立国へと向かえばいいのだ。

2013-03-14 11:47 | 記事へ | コメント(2) | トラックバック(0) |
| 国際政治 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/taazan/trackback/42/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2013年03月06日(水)
アメリカが崩壊し始めています!

到底払いきれない借金を抱え、
国として身投げ状態のアメリカですが、
アメリカの従属国である日本において、
その手先である日本メディアは、一切報道いたしません。

TPPは、もはや手遅れではないですか?
今までの悪を、潔く清算する時が来ているのです!


米国の7州 独立するための署名を集め
ホワイトハウスからの回答待ち
http://japanese.ruvr.ru/2012_11_15/beikoku-shuu-dokuritsi/


現在までに、40州の住民が独立を求める請願を提出したが、7つの州だけが正式な受理に必要とされる2万5000人以上の署名を集めることができた。最多署名数が集まったのはテキサス州で、約10万人が署名した。テキサス州の請願書では、米国の経済問題は、予算制度改革における連邦政府の無能さの結果だと指摘されている。
  ウェブサイトには、テキサスの州都オースティンが、テキサス州から分離し、米国に残ることを求める請願も掲載された。

  テキサス州のほかに、ルイジアナ州、フロリダ州、ノースカロライナ州、アラバマ州、ジョージア州、テネシー州も、2万5000以上の署名を集めた。フロリダ州を除いたこれらの州では、住民の大多数が米大統領選挙でロムニー氏に投票していた。米国の専門家たちは、ホワイトハウスがどこかの州に離脱への「ゴーサイン」を出す可能性はゼロにちかいと指摘している。

2013-03-06 23:22 | 記事へ | コメント(3) | トラックバック(0) |
| 国際政治 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/taazan/trackback/35/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2013年02月28日(木)
傀儡総理安倍晋三の任務の1つTPP!


安倍総理は傀儡総理です!

裏権力たる利権複合体がしでかした大掛かりな不正選挙で、
なるべくして就任した哀れな総理大臣です。



     詐欺ポスター?!

日本がTPPに参加して、日本の冨を根こそぎ裏権力に貢ぐシステムを構築しなければならない任務を負っているのです。

裏権力に魂を捧げた総理が、国民の利益など眼中にないことを日本国民は知らなければならないと思います。


アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは

http://www.youtube.com/watch?v=HLVKAalmD48&feature=youtu.be


どうやら、米国でもTPPは「企業による世界統治」だと強い批判があるようです。米国政府も他国同様に企業の傘下に入ってしまうと。

だから、オバマもTPP参加するを言いに来た安倍偽総理を目立たないように隅に追いやってメディアにも報道させずに早々に追い返したんですね。

TPPの草案の中身は企業顧問600人は閲覧できるけれど米国議員は見れないそうです。

●「企業の権利の世界的強制」

●「企業の特権化を保証する世界的な協定」

●「TPPは企業にすさまじい権力を与える」

●「公益は全く考慮されていない」

●「勝手に集めた3人の弁護士が政府に無制限の賠償を命じる。」

●「1%が米国民の生存権を奪う計略だ」

と指摘。

アメリカを裏で支配するウォール街ユダヤ金融資本(ユダ金)が米国政府を含めた世界各国の政府を乗っ取る手口、それがTPPだというのです。

だからこそ、ユダ金が支配するメディアは米国でもTPPには全く触れずに国民を騙して先に進めてしまおうとしている。

この動画を見れば、TPPは「米国による対日侵略」だけではなく
米国ユダヤ金融資本による世界各国政府侵略
と見たほうが良いようです。

じっくり上記動画をご確認下さい!!

2013-02-28 20:19 | 記事へ | コメント(1) | トラックバック(0) |
| 国際政治 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/taazan/trackback/30/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません
2012年07月07日(土)
米自治体50超でデフォルト観測
アメリカを牛耳っている“ユダヤ金融資本”は、アメリカ国家を“国家デフォルト”寸前まで追い込み、国民の生活を蹂躙して、その寄生先を変えようとしているのでしょうか?

今、アメリカ全土に危機的状況が蔓延していっている、そんな報道だ。


【ワシントン=柿内公輔】 

米自治体の財政破綻が相次いでいる。不況による税収難が主な背景で、とくに深刻なカリフォルニア州では、ここ1週間足らずで2つの市町が相次いで破綻。行政サービスの質の低下や踊り場の米景気への悪影響も懸念される。

カリフォルニア州マンモスレイクス町(人口約8千人)の町議会は2日、連邦破産法第9条の適用を申請することを全会一致で決めた。

同町のホームページの声明によると、歳出不足に加え、大口債権者との交渉が行き詰まり、「破産法の申請が残された唯一の選択肢だった」としている。 

カリフォルニア州では6月28日にも、ストックトン市(人口約30万人)が破産法の適用を申請したばかり。負債総額は7億ドル(約558億円)を超え、米国の市レベルの財政破綻では過去最大規模となり、同市のジョンストン市長は「破綻を避けられなかったのは残念だが、財政を正常化させるためやむを得なかった」と唇をかんだ。

同市も退職者への給付増や不動産市況の悪化で、税収難が破綻の引き金になった。 

米国では、金融危機以降の景気悪化で税収不足から累積赤字が膨らみ、財政難に陥る自治体が続出。さらに、自治体が財源をまかなうため発行している地方債の格付けが急落しており、3段階以上引き下げられる「超格下げ」の憂き目に遭う自治体も珍しくない。

昨年11月に破綻したアラバマ州ジェファーソン郡も、格下げで信用が悪化。抱え込んだ負債は約42億ドル(約3350億円)に達し、地方政府としては米史上最悪規模だった。 

自治体はいざとなれば増税で問題解決を図る手があるが、当然住民の抵抗は強い。さりとて手をこまねいていれば、金利の上昇など資金調達コストが膨らみ、その結果、インフラ整備が滞って生活水準が悪化するジレンマに陥る。 

米財政に詳しい金融アナリストのメレディス・ホイットニー氏は「50〜100程度の自治体が債務不履行(デフォルト)に陥る恐れがある」と警告するなど、全米規模で地方財政への不安が膨らんでいる。


以上転記終了
2012-07-07 17:12 | 記事へ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| 国際政治 |
トラックバックURL:http://blog.zaq.ne.jp/taazan/trackback/4/
※ブログ管理者が承認するまで表示されません